[GDC 2013]「Halo」のBungieが目指す「中世×SF」な新世界とは。次世代FPS「Destiny」のアートワークとトレイラーが公開に [ ぬるオタ速報 ]
 2chまとめ・ゲーム・アニメなど                         アンテナサイト 
スポンサー広告 > [GDC 2013]「Halo」のBungieが目指す「中世×SF」な新世界とは。次世代FPS「Destiny」のアートワークとトレイラーが公開に
ゲーム > [GDC 2013]「Halo」のBungieが目指す「中世×SF」な新世界とは。次世代FPS「Destiny」のアートワークとトレイラーが公開に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[GDC 2013]「Halo」のBungieが目指す「中世×SF」な新世界とは。次世代FPS「Destiny」のアートワークとトレイラーが公開に

GDC 2013の3日目となる,現地時間の2013年3月28日,「Halo」で知られたBungieが開発中の新作FPS「Destiny」(PS4 / PS3 / Xbox 360)の世界観を解説するセッション「Brave New World: New Bungie IP(素晴らしき新世界:Bungieの最新作)」が開催された。その中で,同作のアートワークが大量に紹介されので,新たに公開された公式トレイラーと合わせてお伝えしていこう。


Destinyの舞台となるのは,今から700年後の未来の宇宙で,人類はすでに太陽系の植民地化に成功しているという設定だ。しかし,そんな文明の春を謳歌する人類の前に現れたエイリアン達は,そうした植民惑星に次々と奇襲をしかけ,基地や都市を制圧。もはや人類に残されたのは,地球の都市1つのみという状態になってしまう。
 しかし,その地球の都市の上空には,巨大なスフィア型宇宙船を停泊させた“トラベラー”と呼ばれる謎の種族がいて,エイリアンの侵攻を防いでくれている。プレイヤーは,太陽系を人類の手に取り戻すため,そのトラベラー達から特殊な能力を与えられた特殊部隊となってエイリアン達と戦いを開始する……というのが,ゲームの大まかな導入だ。




ディスティにーテスト

ですティにーテスト2


本作はBungieがMicrosoft Gamesから独立して以来,初のマルチプラットフォームタイトル(PlayStation 3/Xbox 360)となる予定で,さらにPlayStation 4版の開発もアナウンスされたばかりで話題性も十分。またゲームとしてはHaloなどと同じマルチプレイFPSでありながら,モバイル端末との連携によるソーシャル的な要素もあるようで,一体どんなゲームになるのか,今から楽しみなタイトルである。

 さて,今回公開されたアートーワークは,Bungie社内で「ポストカード」と呼ばれているもので,開発者達がゲームのイメージを共有するのに使われているという。日本で言うところのイメージボードに近いものらしい。中にはすでに発表済みのものや,ボツになってしまったものもあるそうだが,今回が初披露のイメージも含まれている。
 以下,Staten氏が,中世ファンタジーとSFを掛け合わせた「Mythic Sci-Fi(ミシック・サイファイ)」と称する本作の世界観を,カテゴリーごとに紹介していこう。




■コンセプト

D1

D2


企画段階で大量に描かれたというこれらのアートは,ゲームのコンセプトを端的に示すものだという。とくに人物が描かれた右下のアートは,Staten氏が「Destinyのすべてが詰まっている」と語っていた。これらの風景が,直接ゲーム内に登場するわけではないだろうが,左上のオオガエルについては,Staten氏がセッション中に何度も「カエルのいないゲームなんてあり得ない」などと話していたことから,もしかするとモンスターやNPCとして出会えるかもしれない。



■スペースシップ

D3

D4


惑星の軌道上にはスペースステーションのようなものがあり,そこでは多彩なスペースシップを見ることができる。中には自分で操縦できるものもあるのだそうだ。
 そのほか,スペースステーションには「プレイヤーが集えるハンガー」もあるそうで,プレイヤーがパーティメンバーを募集したり,ファストトラベル用のリレーポイントとして活用されることが予想される。



■地球

D5
近未来のオブジェが建つ、スペース惑星に住む人々。

7
極寒の積雪の中に、人々に紛れて巨大ロボットのようなものが見える。

6
現代のビルのモデリングに似た中に、幻想的な森林が生えた世界。



■惑星と月

8
月をバックに、トライアングル型の空中建造物や飛行機体のようなものがある。



■キャラクター

14

15

キャラクタークラスとしては,ソルジャー系の「Titan」,バウンティハンター系の「Hunter」,ウィザード系の「Warlock」の3種類が選択できる。またエイリアンにもさまざまなタイプがいるのが分かるだろう。



■武器

11

12

13

武器のデザインも,どことなく「Halo」シリーズを連想させる。しかし,Haloの洗練された武器のイメージよりは,汚しを入れた泥臭いテクスチャーを目指したとのこと。もちろん,プレイヤーがカスタマイズすることも可能だそうだ。






ソース元:http://www.4gamer.net/games/205/G020516/20130329059/







Halo 4 (通常版)
Halo 4 (通常版)
posted with amazlet at 13.03.30
マイクロソフト (2012-11-08)
売り上げランキング: 1,047



Halo: Reach(通常版)
Halo: Reach(通常版)
posted with amazlet at 13.03.30
マイクロソフト (2010-09-15)
売り上げランキング: 7,187


管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。